オンラインショップ
樂51号
まだ見ぬ人へ 伝えたい長崎のモノ、コト、ヒト
2008年に創刊した樂は、昨年末に節目となる50号を迎えることができました。今回の特集では、これまでの50号分の蓄積の中から、取材者が百年後に伝えたい、残したいと願うモノ、コト、ヒトを改めて考え、別の角度から描き下ろしました。また、長崎・佐世保を拠点にされる5人の方々にも同じ視点で寄稿いただき、まだ見ぬ未来に暮らす人たちへと綴った特集となっております。
2020
Spring

特集


越中先生は言いました。「残したいものなんて、なーんにもありませんよ」。

伝えていきたい長崎の正月料理

昭和の飾らない暮らし 内田先生の記憶

遺構が語る、平和という財産

墓は坂の上にあってこそ長崎

写真から生まれる家族の物語

雲仙火山の謎に命をかける男

中山文孝が描く、昭和の長崎ポスター

|寄稿|
だいたい四十歩の扉 文、下妻みどり

夢想家の願い 文、ブライアン・バークガフニ

中国からもたらされたもの「石橋」 文、原田博二

野母崎いきもの暦 文と絵、山本春菜

平戸八景 眼鏡石 文、松尾真里

regular contents

ながさきの宝 第三十二回

倉場富三郎とグラバー図譜

 

raku column

ドクター米山のココロと脳のはなし 第43回

時代小説を書く  文=米山公啓

 

「NANG-ASAKI」妄想散歩 第41回

謎の幽霊島  文=髙浪慶太郎

 

曇り時々希望的 第35回

大徳寺跡広場~うえんもんと、したんもん~  文=城尾忠明

 

ARTS’CRAFTS素敵なもの語り 第40回

春の野に遊ぶ ウィリアム・モリスの夢 文=石尾眞智子

 

長崎「ひと」物語 第24回

もうひとつの長崎ぶらぶら節 町検番凸助(山本タマ) 文=大田由紀

 

ペコロスのタイムマシーン46

妄想ドローンになって 文と絵=岡野雄一

 

客船からの世界中継 第40回

弾丸取材で訪ねた”長崎各地“ 与えてもらった”充電“と”反省“ 文=藤原暢子

 

raku special presents

おばあちゃんの長崎ごはん《春》 ベストセレクション

セリのごま和え
グリンピースと筍、牛肉の合わせ煮
ホタルイカとマテ貝の湯引き

 

読み切り短編連作「ながさき奇譚」第四十八回

夕映えの門 文=青来有一

 

知られざる、長崎国際交流史 第十一回

一枚の写真が語る、国際貿易港・長崎の繁栄 文、ブライアン・バークガフニ

バックナンバー

  • 樂51号
    まだ見ぬ人へ 伝えたい長崎のモノ、コト、…
    2020 Spring
  • 樂50号
    ハレの街 浜んまち
    2020 Winter
  • 樂49号
    長崎の歴史と文化の収蔵庫 長崎歴史文化博…
    2020 Autumn
  • 樂48号
    長崎が奏でる音
    2020 Summer