オンラインショップ
樂53号
対馬 源流と人
日本列島北西端に位置する島、対馬。長崎から空路で約三十分と移動時間を考えると身近な島ですが、古代より大陸との中継地点として独自の風土を育んできました。今回の特集では、長年対馬を統治した宗家や、かつて朝鮮に存在した日本人町「倭館」にまつわる歴史、対馬の自然を愛する専門家による対談、「対州そば」の原種を守る人々の活動、島のイカ釣り漁師の日々への密着など、対馬特有の自然、歴史、文化を受け継ぎ伝えようとする人たちを取材いたしました。美しい島の風景と共にお楽しみください。
2021
Autumn

特集


伊能忠敬も驚いた元禄対馬国絵図

宗家文書「毎日記」

朝鮮に存在した日本人町 倭館と国際事件

よみがえる宗家文書 文化財の修復に挑む対馬の女性たち

対馬の自然を語り合う〜専門家たちが考える島の行方〜

対馬の宝物「対州そば」を守る。

旅する漁師。

regular contents

ながさきの宝 第三十四回

祈りの旅〜山王神社と平和祈念像を巡る〜

 

raku column

ドクター米山のココロと脳のはなし 第45回

書くことは楽しい  文=米山公啓

 

「NANG-ASAKI」妄想散歩 第43回

ツ・イ・テ・ル?  文=髙浪慶太郎

 

曇り時々希望的 第37回

最高の寝不足月間を堪能  文=城尾忠明

 

ARTS’CRAFTS素敵なもの語り 第42回

長崎ノスタルジー 愛しき古賀人形たちと遊ぶ 文=石尾眞智子

 

ペコロスのタイムマシーン48

燃えながらおばあちゃんが 文と絵=岡野雄一

 

長崎「ひと」物語 第26回

龍踊の恩人、平山蘆江 文=大田由紀

 

客船からの世界中継 第41回

海から陸に上がった1年半 “グリーン”の上で出会う人々 文=藤原暢子

 

 

raku special presents

おばあちゃんの長崎ごはん《秋》

ちりめんとセロリのきんぴら
鱧の天ぷら
素揚げ玉子きのこあんかけ

 

読み切り短編連作「ながさき奇譚」第五十回

犬と馬 文=青来有一

 

知られざる、長崎国際交流史 第十三回

明治の長崎で活躍した欧米の医師たち 文、ブライアン・バークガフニ

バックナンバー

  • 四面宮
    島原半島と諫早の神社をめぐる
    2024 Spring
  • 樂62号
    親愛なる人へ。 長崎の手紙とストーリー
    2023 Winter
  • 樂61号
    美しき平戸 雷の潮を越えて
    2023 Autumn
  • 樂60号
    長崎を流れゆく 中島川
    2023 Summer