オンラインショップ
樂52号
長崎の港
開港から450年を迎えた長崎港。これまで長い年月をかけて、たくさんの人や物、異なる文化を受け入れてきました。今回の特集では、長崎開港の歴史を紐解く「港」めぐりや、長年港を守ってきた長崎税関の仕事、港を眺める斜面地の人々の暮らし、港にまつわる先人の言葉や歌など、様々な視点から港と町、人とのつながりを探りました。美しいグラビア写真と共にお楽しみください。
2021
Summer

特集


ポルトガル人がつくった長崎のまち

港を睨むライオン長崎税関

港とともにある暮らし

歌と言葉の中に港あり。

松尾敏男 長崎旅情に想う。

寄稿|”船乗り“が15年かけて見つけた 我が港町の実力

regular contents

ながさきの宝 第三十三回

長崎港から世界へ日本茶を広めた大浦慶

 

気になる、この人 VOL.24

Happy Pan 宮下由美子さん

 

raku column

ドクター米山のココロと脳のはなし 第44回

窓を開ける  文=米山公啓

 

「NANG-ASAKI」妄想散歩 第42回

すくってごらん  文=髙浪慶太郎

 

曇り時々希望的 第36回

世界の端っこで子どもたちの未来を考える  文=城尾忠明

 

ARTS’CRAFTS素敵なもの語り 第41回

私の疫病除けは奥州安達ヶ原の黒塚人形 文=石尾眞智子

 

自転車で坂の街を往く 新長崎案内VOL.17

夏の海をもとめて、ぐるっと島めぐり

 

長崎「ひと」物語 第25回

晩年の古賀十二郎翁 文=大田由紀

 

ペコロスのタイムマシーン47

星は墓、星々は墓地―妄想の妄走が止まらない― 文と絵=岡野雄一

 

raku special presents

おばあちゃんの長崎ごはん《夏》 

きゅうりのビール漬け
トマト炒め
かぼちゃの肉詰め

 

読み切り短編連作「ながさき奇譚」第四十九回

めぐり逢い 文=青来有一

 

知られざる、長崎国際交流史 第十二回

長崎英国領事館の世紀 文、ブライアン・バークガフニ

バックナンバー

  • 四面宮
    島原半島と諫早の神社をめぐる
    2024 Spring
  • 樂62号
    親愛なる人へ。 長崎の手紙とストーリー
    2023 Winter
  • 樂61号
    美しき平戸 雷の潮を越えて
    2023 Autumn
  • 樂60号
    長崎を流れゆく 中島川
    2023 Summer