樂25号発売中

特集:
長崎の建物 Volume.01.

長崎が生んだ建築家、武基雄
村川ビル~出島の三角ビルの物語
蔦の先に見えるのは池島炭鉱アパート群に家族が住んだ確かな記憶。

■ 特別寄稿
数奇な運命を乗り越えて建つ、明治生まれの旧香港上海銀行長崎支店 文、川良真理
磨屋小学校 文、山本志保
宮田和夫のDISCOVER NAGASAKI 日本二十六聖人編 聞き手、髙浪高彰

■ グラビア
長崎県庁
長崎英国領事館
十八銀行本店
長崎県印刷会館
長崎市公会堂親和銀行本店 懐霄館
日本銀行長崎支店
佐世保市博物館島瀬美術センター
住友生命長崎ビル
長崎市役所

 ★巻頭付録
raku autumn calendar


● raku special presents

読み切り短編連作「長崎奇譚」
「廃墟の島」文=青来有一


● raku colunm

ドクター米山のココロと脳のはなし 第17回
「脳と規則」文=米山公啓

NANG-ASAKI妄想散歩 第16回
「大正浪漫を彩った芸術家の恋」文=髙浪慶太郎

曇り時々希望的 第9回
「コンクリートのお部屋での生活考」文=城尾忠明

ARTS、CRAFTS素敵なもの語り 第14回
「トルファン刺繍 鼠の嫁入り十里の行列」 文=石尾眞智子

ふるさとは遠きにありて 第20回
「素晴らしき哉、富士山登頂」文=戎 康友

長崎「ひと」物語 第5回
「花月のおとしゃま 本田寅之助」

客船からの世界中継 第14回
「地元の人や貨物を運ぶ沿岸急行船でノルウェーのフィヨルドと北極圏へ」文=藤原暢子


● regular contents

おばあちゃんの長崎ごはん《秋》

「さくら干し」
「白和え」
「鱧の皮と胡瓜の酢の物」

越中哲也です!ながさき歴史巡旅 「長崎の洋風建築」
気になる、この人 Vol.13 私設ギャラリー「松本孝之絵画館」館主 松本マツエさん
新キリシタン紀行 伝承者たちの道行き 最終回 「祈りの伝承 その上に、今の長崎がある。」
長崎の本棚 第24冊 『海と月の迷路』大沢在昌著
ながさきの宝 第6回 「地蔵まつり 飾りそうめん」
樂逸品 「石松寿しの助六と納豆巻き」