コラムニスト紹介

連載コラム wild fancy walk 「NANG-ASAKI」妄想散歩

■ 高浪敬太郎(たかなみ けいたろう)

長崎県出身。84年、小西康陽らとピチカート・ファイヴを結成。
作・編曲・プロデューサーとしても、小泉今日子、本木雅弘、広末涼子、クレモンティーヌ、中川翔子らさまざまなアーティストをはじめ「ちょびっツ」「ケロロ軍曹」等のアニメや「明治安田生命」等のCM音楽を手がけている。その他選曲、監修、執筆等。今秋より長崎を拠点に活動開始。

 

連載コラム サメジマノマジメサ~だじゃれ教授の奮闘記

■ 鮫島 和夫/さめじま かずお

長崎総合科学大学建築学科教授。1947年1月1日、大阪市生まれ。京都大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。研究分野は、住まいから都市まで安全・安心・快適な居住環境の調査・計画・デザイン。主な著作に「計画的小集団開発」「アカの他人とマイホーム」 「地域からの住まいづくり」などがある。

 

連載コラム 長崎唐風景 ~唐人さんが伝えた小さな食文化~

■ 石尾 眞智子/いしお まちこ

ジャーナリスト。東京生まれの東北(仙台・福島)育ち。桜の聖母学院英語学部卒業後、アメリカ系銀行に勤務。東京オリンピックの年、ニューヨークで2年間開催された世界博の日本館に勤務。帰国後、長崎人ジャーナリストと結婚。夫と共に海外、国内機関の広報に携わる。10年前より長崎に暮らし、当地のユニークな歴史文化を勉強中。

 

連載コラム 私の中の長崎

藤原 暢子/ふじわら のぶこ

隔月刊誌『CRUISE』編集長。1970年長崎生まれ。活水中学、高等学校を経て青山学院大学経済学部卒業。フリーランスの編集者となり様々な雑誌で働く中、1998年、英国客船「オリアナ」で世界一周したのを皮切りに、現在まで約50隻の客船に乗り、50ヵ国をめぐった。
『All aboutクルーズの旅』ではガイドとしても執筆中。
http://allabout.co.jp/gs/cruise/

 

連載コラム ながさき歴史巡旅

越中哲也/えっちゅう てつや

長崎学研究家。大正10年長崎生まれ。龍谷大学文学部卒業。復員後、長崎市立博物館に勤務。昭和49年、館長に就任。以後、長崎美術・工芸並びに長崎学の研究とその紹介に力を注ぐ。著書『長崎の美術・工芸—長崎文化史序説』『長崎おもしろ草 第五巻 越中哲也の長崎ひとりあるき』ほか多数。

 

連載コラム

髙浪髙彰/たかなみ たかあき

長崎生まれの長崎育ち。。皓台寺幼稚園、磨屋小、桜馬場中と、典型的な町っ子学歴を持つが、これは実家の家業が浜ん町にあったためで。本人は「ニセ町っ子」と名乗る。現在は長崎市街地で雑貨店「奉(たてまつる)」を営む一女の父。
http://www5.cncm.ne.jp/~tatematsuru-net/

 

連載コラム 長崎発着!年表ツアー

下妻みどり/しもつま みどり

フリーライター。1970年生まれ。著書「長崎よりみち散歩(ながさきプレス刊)」「長崎迷宮旅暦(書肆侃侃房刊)」。

 

連載コラム ペコロスのタイムマシン

岡野雄一/おかの ゆういち

昭和25年長崎市生まれ長崎育ち。2年前に「漫画家&シンガーソングライター」として遅すぎるデビュー。フリーライターとフリーターのはざ間を漂流中。ペコロスは西洋たまねぎのこと。CDは「カフェ豆ちゃん」(095-825-4455)にて好評発売中。
http://pokoross.hp.infoseek.co.jp/

 

連載コラム 山頭火「行乞記」を歩く

松尾順造/まつお じゅんぞう

鎌倉市に生まれる。(社)日本写真家協会会員。2000年、活動拠点を東京・鎌倉から長崎に移す。主な仕事に「鎌倉ー中世史の風景」永井路子氏と共著(岩波書店)、「鎌倉の寺」「鎌倉文学散歩」(保育社)、朝日旅の事典シリーズ「東京ー下町」「東京ー山の手」「東京ー江戸を歩く」(朝日新聞)、「長崎さかな料理」「長崎料理ー百花撩乱ふるさとの味」(長崎新聞社)など。
http://www.geocities.jp/matsuojunzo/index.html